革新的技術導入・活用プロジェクトに29件選定
国交省 生産性向上と品質管理高度化 橋梁関連多数

 国土交通省は「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」で、21年度に現場で試行する技術29件を選定した。選定技術は、各地方整備局と委託契約を締結し、現場で試行を行う予定。
 対象技術は2テーマに分けて公募した。▽AI、IoTを始めとした新技術などを活用して土木または建築工事における施工の労働生産性の向上を図る技術は、応募30件の中から有識者委員会の審査を経て18件を選定。▽データを活用して土木工事における品質管理の高度化などを図る技術技術は、応募22件のうち11件を選んだ。
 橋梁関連で革新的技術の導入・活用プロジェクトに選定されたコンソーシアム代表者(構成員)と試行工事名は次の通り。‥紙面へ