自治体向け維持管理への新技術導入手引き
導入手順や、留意ポイント、事例紹介
国交省が作成 巻末に要領類や相談窓口一覧も

インフラ維持管理における新技術導入ガイドライン
 国土交通省は地方自治体に向けた維持管理への新技術導入の手引き(案)を作成、公表した。インフラ維持管理業務に新技術導入を検討している地方自治体職員にむけた手引書で、同省のホームページ(https://www.mlit.go.jp/re
port/press/content/001397380.pdf)からダウンロードできる。同省では、インフラ維持管理業務に新技術導入を検討している、あるいは少しでも検討してみたいという地方自治体職員にぜひ読んでみてもらいたいとしている。
 国交省では、地方自治体における効率的かつ効果的なインフラメンテナンスの実現に向け、新技術の導入に関する課題の解決を目的に、有識者からなる推進委員会を2019年2月に設置し、検討を進めている。2021年3月24日に第5回インフラメンテナンス新技術・体制等導入推進委員会を開き、「インフラ維持管理における新技術導入の手引き(案) Ver0.1」を作成した。
 手引き(案)の要点は‥紙面へ