新たな国土交通省技術基本計画骨子(案) 作成・公表に向け
団体や企業にヒアリング開始

新たな国土交通省技術基本計画の骨子案

 国土交通省は9月22日、「社会資本整備審議会・交通政策審議会技術分科会第26回技術部会」を開き、新たな国土交通省技術基本計画の骨子案について議論した。今後、団体・企業へのヒアリングを進め、年末ごろに新たな技術基本規格の原案をまとめ、パブリックコメントののち、年度末には策定・公表する予定だ。
 ヒアリング先は、国土交通省の技術政策に関連する団体、民間企業。ヒアリング内容は、▽実現を目指す将来(2040年~2050年頃)の社会イメージの提案、▽現下の情勢や課題のもと、推進している技術研究開発、▽国土交通分野に関する課題への解決策の提案、▽国土交通省で進める技術研究開発に対する意見――など。
 新たな国土交通省技術基本計画骨子(案)で示されている、今後の技術政策の基本方針としては、‥紙面へ