建設施工における生産性の向上へ パワーアシストスーツを募集

 国土交通省は建設現場における人力作業の生産性の向上を図るため、現場で技術検証を行うパワーアシストスーツを10月29日まで募集する。
 国交省では、建設施工現場の生産性向上の実現、苦渋・危険作業からの解放や継続的な技術革新により、建設産業の魅力を向上させ、女性・若年層が活躍しやすい環境を実現する事を目的とし、人力作業へのパワーアシストスーツの早期社会実装に向けて環境整備を推進している。2021年度は、導入効果が期待できる建設作業の9工種、災害対応の1工種で技術検証を実施予定で、この作業で生産性向上となるパワーアシストスーツを公募するもの。
 建設施工の9工種は、‥紙面へ