妙高大橋新橋が開通
旧橋撤去はECI方式で

妙高大橋

 国土交通省北陸地方整備局高田河川国道事務所が建設を進めていた国道18号の妙高大橋の新橋が8月3日に開通した。
 妙高大橋は1972年の建設で、開通からもうすぐ50年が経過する。2009年12月にPCケーブルの損傷が発見され、補強ケーブル設置など応急対策を実施してきたが、恒久的な安全性を確保するため、2012年度に事業化、2013年度から工事に着手していた。
 開通した新妙高大橋は橋長1100mの2径間連続非合成鋼トラス橋。
 国道18号および上信越自動車道は共に第一次緊急輸送道路として位置づけられている。
 旧橋の撤去については、‥紙面へ