北海道横断自動車道 足寄町~陸別町陸別間31km再開
橋梁残事業 網走線で81億円超、端野高野道路で52億円超

北海道横断自動車道(本別JCT~網走間)L=156km

 北海道開発局は北海道横断自動車道の当面着工しない区間としていた足寄町~陸別町陸別間31kmの事業を再開する。7月2日に開催した北海道開発局事業審議委員会で審議を行い、その後、高速自動車国道法に基づく整備計画
の変更手続きが完了しした。今後、現地で測量や調査を行うための準備を進める。
 北海道横断自動車道は本別JCT~網走間156kmで、このうち事業中区間は、今回事業化した足寄町~陸別町陸別間31kmと、美幌高野IC~北見東IC間(端野高野道路)14・3kmおよび陸別小利別IC~陸別IC間20km。
 開通済み区間は本別JCT~足寄IC間13・1km、女満別空港IC~美幌高野IC間7・9km、北見東IC~陸別小利別IC間18km。
 女満別空港~網走間については、事業認可にむけた調査中。
 北海道自動車道足寄~北見間(網走線)79kmの橋梁残事業は25橋(総延長2105m)で81億3600万円。内訳は‥紙面へ