中部地整 川島大橋を権限代行で復旧へ
まずは旧橋撤去と歩行者仮橋設置

川島大橋

 国土交通省中部地方整備局は9月3日、5月の大雨で橋脚の一部が沈下するなどの被害を受けた川島大橋の早期復旧に向け、国による権限代行で災害復旧事業を進めると発表した。
 今後、まずは被災した橋梁の撤去と、通学路を確保するための歩行者用の仮橋の設置に着手するとともに、本復旧のための橋梁について、岐阜県と連携しながら、工事を実施する。
 県が管理する川島大橋は‥紙面へ