インフラメンテ国民会議近畿 ピッチイベント開く
自治体ニーズに民間が技術提案
橋梁関連は「橋梁塗装に係る技術」

 インフラメンテナンス国民会議の近畿本部フォーラムは12月17日に第7回ピッチイベントを開いた。ピッチイベントとは、施設管理者などが抱えるインフラの維持管理の課題(ニーズ)に対し、 民間事業者などが保有する技術
(シーズ)の発掘と社会実装を図るもの。
 今回のテーマは5つで、①点検の機械化に係る技術(地下河川構造物、法面)、②橋梁塗装に係る技術、③空洞調査に係る技術(路面下、トンネル、護岸)、④台帳整備に係る技術(標識、照明柱)、⑤ため池堤防等の漏水箇所調査に係る技術。
 橋梁関係の②橋梁塗装に係る技術は、大阪市と‥紙面へ